動画配信 コンテンツ レンタルサーバー
新規質問 新規質問
会員サポート 会員サポート
webmail webmail
レンタルサーバー
▲since 2003▼ arial narrow
サーバー初期費用・月額料金試算
月額料金 占有帯域 容量 転送量/月 転送量/日 ドメイン数
900円 1,5Mbps 15GB 300GB 10GB 3
1900円 3Mbps 30GB 600GB 20GB 5
3800円 7Mbps 60GB 1400GB 47GB 8
7600円 15Mbps 120GB 3000GB 100GB 12
12000円 25Mbps 200GB 5000GB 167GB 20
15000円 35Mbps 250GB 7000GB 233GB 30
20000円 50Mbps 400GB 10TB 333GB 50~
30000円 100Mbps 600GB 20TB 666GB
50000円 200Mbps 2000GB 40TB 1333GB
100000円 450Mbps 4000GB 80TB 2666GB
200000円 1Gbps 8000GB 160TB 5300GB
サーバー初期費用・月額料金試算
プラン900 1.5Mbps:15GB;非営利個人でかなり高負荷サイト
プラン1900 3Mbps:30GB;営利HP試作中・個人サイト一般
プラン3800 7Mbps:60GB;営利HP(動画 個人・業者最低ライン)


プラン7600 15Mbps:120GB;営利HP運用4ヶ月目
プラン12000 25Mbps:200GB;営利HP運用4ヶ月目
プラン15000 35Mbps:250GB;営利HP試作中〜運用1ヶ月目
プラン20000 50Mbps:400GB;営利HP(動画)を運用6ヶ月〜
プラン30000 100Mbps:600GB;営利HP(動画)を運用1年
プラン35000 130Mbps:700GB;営利HP(動画)を運用1年〜 中級
プラン50000〜 高負荷営利サイト業者様
(必要時)
容量追加GB【1GB+=月10円+です】
ドメイン(com,net) x1:900円/年
ドメイン(英数字.jp) x1:2900円/年
SSL x1:500円/年
    その他ドメイン料金はask!
初期費用 円(税込):【注:ドメイン料金は初回時と
                                                                  次1年に1度更新時に課金】
月額料金 円(税込)
加入前お問い合わせ| 会員サポート・質問 | FAQ | 特定商取引法表記
格安日本国内レンタルサーバーなら Storage-Service.com

レンタルサーバーStorage-Serviceの利点

低額ホスティング(レンタルサーバー)は他に多数あるが
業務サイトを運営するには 将来性のある大規模化が不可欠で
その場合のプラン移動がスムーズに行える。

100〜500円の低額サーバーはありますが、
拡張性に乏しく、商用サイトを目指す場合
その拡大性にネックがあります。

最初から数百円〜数万円〜10万円プランまで移動が自由な
Storage-Serviceがオススメです

専用サーバーには24時間365日働いてくれる専業エンジニアが必要
「あなたが年中無休で働きますか?」


雇う=2人以上雇うと月35万x2=70万かかります。
25〜30万でも雇えるがすぐに出て行きます。
(システム系ではそれなりのスキルがあれば
35出すところが多数あるため)

つまり小規模の企業・個人では専用サーバーで
年間運用は採算性が厳しい。

対策
・自分がエンジニアになりコスト無視で365日対応する
負担が大きいです。
大型犬を飼うより大変です。
めんどくさいことをやるより、本業のサイト構築を!
Storage-Serviceに頼んでください

フリーブログはフリーブログ会社が儲かるようにできています。


・独自ドメインができない
・移転性に問題あり=追い出されたらおしまいリスク
・拡張性が制限 「みんな同じ」が前提
・カスタマイズが制限 オプションが自由ではない

フリーブログで儲けられる人は
独自ドメインでも儲けられます。
自分で管理すればSEOも何とでもなります。

つまり ある程度こなせれば
最終的にはフリーブログのメリットはなくなります。

またフリーブログばかりになると
HPの基礎技術が身につかなくなってしまいます。
最終的には独自ドメインをお勧めします。

商用サイトを目指す場合
1 最初から
2 半年以内に
フリーブログを抜け出した方がいいです。
無料サービスはお遊び用にとどめてください。

サイトを構築するとどこかからトラフィックを抜かれるわけです。
あなたのコンテンツから訪問者が外部に抜け出すシステムが構築されています。
タダだけど、閲覧数/広告クリック数 が抜かれるわけです。
この制限はどれだけがんばっても変わることがありません。
パチンコ屋でパチンコを打っているようなもので、
胴元が儲かるようになっています。

外部からリンクも来る?
ネズミ講システムで、親しか儲かりません。

初心者からもとても厳しく、上級者にも厳しい
常に苦しむのが「フリーブログ税」です。
累進課税でもなく、重税金制度です
レンタルサーバーはそこが抑えられています
かつ高い所より安いところはなお税金が低いでしょう
つまり「レンタルサーバーの安いところ」の方が税率が低いのです。

税金は安い方がいいです、だからフリーブログはだめです。

・低額サイト→成長に限界がある。ベランダの鉢植えで大木はつくれない
・フリーブログ→これも成長に限界があり コンテンツ自由度が狭い
コンテンツ内容にいちいち介入される
=個人ブログで多少見逃されても大規模化すると追い出されます。

追い出されます。
追い出されます。

=つまり儲かるようになると追い出されます。

追い出されてある日路頭に迷うサービスに将来性もへったくれもないです。

そこでまったく分からない他のサービスを使おうにも
ブログサービスが今まで便利で、サーバーがよく分からないまま運営してきたので
車に乗ったこともなく免許がないまま道路に出るようなもので非常に危険です。

タクシーに乗って移動できていたのが いきなり来週自分で運転するトラック運転手になるようなもので

1ヶ月あっても無理です。サイトが長期間停止してしまいます。
フリーブログ時代にがんばってしまった膨大なサイトの修正作業も必要で
修復も難しいです。
コンテンツがあってもデザイン崩壊とかしますので
手動で修正が必要です。

実際に追い出された人が多数います
というか、儲かるようになると追い出されるのです。
アクセスが多いとやばいです。
結局自由度が高いレンタルサーバーになりますが
フリーブログ運営になれているほど、このように転換が非常に困難です。
自動車に乗っていたのに、明日から船に乗れと言われるようなもので
練習してないのに無理です。


(なんとかかんとか)○○などの販売サイトを見ても
安く見えて結局高額な「ショバ代」を要求されるのであり
多数の経費がかかり、そこから抜け出すコストが高いので
最初からなるべくレンタルサーバーで技術を保有した方がよい。
ただサーバー運営まで行うには運営コスト・技術コストがかかるので

Storage-Serviceではある程度サポートします。


大手ブログサービス
  • △(自分)文章・コンテンツ作成 アップロード
  • ○(丸投げ)HP作成(半自動)
  • ○(丸投げ)HP作成 htmlファイル化 構造管理
  • ○(丸投げ)サーバーソフト
  • ○(丸投げ)サーバーソフト障害
  • ○(丸投げ)サーバー機器
  • ○(丸投げ)サーバー機器障害
  • ○(丸投げ)障害時の24時間対応

  • このようにほぼ丸投げです


共用レンタルサーバー
  • △(自分)文章・コンテンツ作成 アップロード
  • △(自分)HP作成 △手動
  • △(自分)HP作成 htmlファイル化 構造管理
  • ○(丸投げ)サーバーソフト
  • ○(丸投げ)サーバーソフト障害
  • ○(丸投げ)サーバー機器
  • ○(丸投げ)サーバー機器障害
  • ○(丸投げ)障害時の24時間対応

  • 共用サーバーは規格が決まった中で行うので
    サーバー関連の作業は会社がやってくれます。
    ブログ系統も運営できます。一般html化HPもできます。
    決まった箱に入れるので汎用性・拡張性・柔軟性は低いです。


Storage-Serviceサーバー
  • △(自分)文章・コンテンツ作成 アップロード
  • △(自分)HP作成 △手動
  • △(自分)HP作成 htmlファイル化 構造管理
  • ○(丸投げ)サーバーソフト
  • ○(丸投げ)サーバーソフト障害
  • ○(丸投げ)サーバー機器
  • ○(丸投げ)サーバー機器障害
  • ○(丸投げ)障害時の24時間対応

  • Storage-Serviceは専用サーバークラスの拡張性と
    共用サーバー程度のお手軽さで運営できます。
    (大規模サイトも収容可能)

    ハードウェア拡張料金も入っておりますので
    サイトが拡張(アクセス増加)した際の収容移転移転コストも入っています。
    全部込みです。
    不要なパーツを買わせる専用サーバー商売はしていません


というわけで、

フリーブログをやられている方は
レンタルサーバーでテストしておいて、
万が一追い出されたときのために Storage-Serviceの低額プランを

すでにレンタルサーバーをご契約中でも
お試しにStorage-Serviceの低額プランを
スペアとしてご契約ください。

「他にメインがあっても」保険としても最適
もちろんStorage-Serviceをメインにして、
他をスペアくらいにしてくださるのが一番お得です。

高負荷サイトで今、業務をしている方は
国内ではStorage-Serviceがいいと思います。
国内では相当安いのでサーバー料金を節約できます。



サーバー障害情報
      現在安全稼働
  2月28日まで無料試用